カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

お支払方法案内

【こけっぴの育て方】

苔玉こけっぴの育て方


   こけっぴは可愛いインテリア雑貨と観葉植物を兼ね備えた水苔だけで丸めた苔玉です。

日常生活において、見る楽しさと育てる楽しさ両方を堪能できます。

末永く育てて頂く為に以下に管理するコツを記載しておきますので参考にして下さい。

こけっぴに使用している観葉植物は「水耕栽培」で育つ植物なので基本は水だけで容易に管理できます。

土を使用してないので虫がつきにくく、清潔に管理できます。

カーテン越しの日光に当たる場所や間接光で管理するのが適しています。直射日光は避けて下さい。

冷暖房の風が直接当たる場所は避けて下さい。自然の風通しの有る場所が最適です。

水やりは二日に1回位の割合やコケの乾燥具合で以下のやり方で水あげして下さい。

 あげ方はどのやり方でもかまいません。

じょうろやペットボトルに水を入れてかける。

直接弱い水道水でかける。

霧吹きで苔玉の下迄水がたれる位かける。

バケツに溜めた水に苔玉を浸ける。

冬は寒さで生育が鈍くなるので水やりは控え目にして暖かい場所で管理して下さい。
生育中に伸び過ぎた葉や乾燥して変色してしまった葉は切り取って下さい。

その他注意事項

強い光に当て続けていると、苔の表面に緑色の藻が付いてきます。少ないうちは問題無いですが、緑色が濃くなると表面がヌメヌメしたり、臭いが発生する事があります。

そうなった時は、こけっぴを水で流しながらスポンジで洗い取って下さい。※1

根が張ってくると、苔玉の下や脇から根が出てきます。

伸びが目立つ様であればハサミで切って構いません。※2

植物が成長して苔玉で支えられなくなったり、根が張りすぎて苔玉の体裁が壊れてしまった時は、プランターの上に置いて育てて下さい。土に根が張ってきます。※3

 ※植物の種類によって成長し続ける物、現状を維持し続けるものがありますので植物の状況に応じて行って下さい。

一度は枯れてしまった植物も水だけ切らさなければ、新芽が出てくる事があります。末永く観察して下さい。

こけっぴの育て方


かわいい苔玉こけっぴ は
皆様に末永くこけっぴの観葉植物を楽しんでいただくために、
珪酸塩白土を使用しています。

これを入れると水質浄化・根腐れ防止の効果があります。

流失しやすい肥料分を引きつけて貯蔵するので、無駄なく肥料を効かせてくれます。

植物の根を守り、生育をサポートします。

また、水を浄化する働きがあるため、水ゴケも傷みにくくなります。

かわいい丸いこけっぴのお腹の中では、珪酸塩白土が
水質浄化・栄養分貯蓄・ミネラル補給・保湿力アップの働きを補ってくれています。

珪酸塩白土とは?○

珪酸塩白土は我が国で唯一、秋田県横手市八沢木地区でのみ産出される白い粘土です。
珪酸塩白土は、その正式地質名称を軟質多孔性高度珪化珪酸塩白土 (2対1型モンモリロナイト粘土鉱物) と言い、「土の王様」とも称されます。
古来、産出当地では下痢や外傷などの秘薬として用いられ、「魔法の白土」とも呼ばれていました。

珪酸塩白土は、多くのミネラルを持つコロイド粒子の集まった天然の優良地質品です。それは高いイオン交換機能を持ち、不純イオンや不良ガスを吸着・分解して土や水を浄化します。また、生物の生命活動に必要な16種類のミネラルを豊富に含んでいます。
珪酸塩白土は多目的高機能性、多用途性を備えており、園芸、農業、畜産などいろいろな分野で使われています。
弊社の珪酸塩白土は採掘後に乾燥処理し、形状的に選別された園芸用資材であり、様々な用途に利用されています。

ミリオンAは採掘された珪酸塩白土を乾燥処理した園芸用資材です。

珪酸塩白土の効果

■水質・土質浄化■
珪酸塩白土の、土壌の団粒化(右図参照)やイオン交換作用による不純イオン・不良ガスの吸着・除去、酸度調整、静菌作用、毛細根の生長促進などの機能・効能により、水質・土質を浄化して、根腐れを強力に防止します。

■水の活性化■
水質が良くなり、水が腐りません。また、ミネラルを豊富に含んだミネラル水を作ります。ほとんど水替えが必要なくなります。

■ケイサン、ミネラルの補給■
「珪酸」や「有効ミネラル16種類」も含まれています。十分なミネラルを与えられた植物は光合成と代謝が促進され、健康な体に育ちます。

■光合成の促進■
植物の光合成を促進させます。速効的な葉面散布も可能で、光量不足による障害を解消します。

■肥料効率のアップ■
リン酸やチッソをコントロールする珪酸塩白土の機能により、チッソの効き過ぎによる障害は緩和され、植物の花着きは良くなり、また、果実の食味が向上します。

■健康管理■
珪酸塩白土は、土壌に混和したり、葉面散布することによって未消化分肥料や残留農薬および重金属類を吸着・分解し、植物を薬害より守ります。また、環境保全にも役立ちます。

■冷・干害防止■
保湿効果と保温効果があります。珪酸塩白土を土壌に混和すると冷害や干害を緩和します。